• meistermie

マイスター会三重支部 

マイスター会三重支部のホームページを開設しました。



ご挨拶 ドイツ語であるマイスター(Meister)には『 巨匠 』や『 名人 』といった意味があります。


近年、近代化の波により古来より伝わる手仕事等々、消費者からの手離れもあり、

仕事が少なくなり、職人として生業者が、激減しております。

しかしながら私のような50代の職人からみれば、自分自身が身に着けた本物の手仕事こそ、

今チャンス到来であり、無くなってしまった伝統や文化こそ形を変えてでも、継承することのできる

時代でもあると確信しております。

そして、元号が変わる新しい新時代こそ我々マイスターとしても、とても大切で

技能継承が必要なのです。


大切なことは先人達からの知恵や工夫を、リメイクして、新しい時代の人々に合った技能と

変化させることなのです。

新しい時代でのマイスターの役割は、皆が持つ技能を可変させることなのです。

日本へやってくる外国人もこの数年で急増化して、なかには、日本のモノづくりに惚れ込み、

長期滞在して修行する者も、現れており日本人が持つ繊細であり しなやかな仕事ぶりが、

私共職人にとっての最大の武器なのです。


ホームページという、昔には無かった新しい方法で全国や、世界の人々に我々の姿を

見ていただき、未来の名人の生業のカタチを創るために始めましょう。


全技連マイスター会三重 会長 松木 憲司

114回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示